まごころ住宅 アイワホーム

Works

厳しい検査と安心の保証

アイワホームでは第三者機構による
5つの検査を行っております。

地盤調査テクノアース株式会社

地盤調査 地震に強く長持ちする家を建てるためには、建物本体を強い構造にすることに加えて、 基礎が地盤の状況に合っていることが大切です。まず、地盤調査を行い改良工事が必要かチェックします。

配筋検査JIO 日本住宅保証検査機構

配筋検査 建物をしっかり支えるために必要な足元の基礎コンクリート部分です。コンクリートで固めて見えなくなってしまう前に、鉄筋の太さや配置が図面どおりに組まれているかチェックします。

構造体検査JIO 日本住宅保証検査機構

構造体検査 主要な構造部をJIO専属の一級建築士が細かくチェックします。家を支える柱や耐力壁の位置は図面通りか、横揺れを防ぐ「筋交い」は適正に取り付けられているか、木材の水分は25%以下になっているか、など通常一般の人では分からないチェックポイントをしっかり検査します。

中間検査建設指導課(役所)

工事中の建築物等が建築基準法で定める技術基準に適合するかどうか又は適正に工事監理が行われているかどうかなどを、工事途中でないと検査できない箇所(工事完了時には隠れてしまう構造部材など)を中心に、目視検査、計測検査及び書類審査等によって検査を行い、適合していれば中間検査合格証を交付します。
※場所によってはないところもあります。(例太田市)

完了検査建設指導課(役所)

建築物の工事が完了したら、建物を使用開始する前に、建築基準法(第7条)に基づく完了検査を受けることが義務づけられています。この検査の目的は、建築確認申請に基づき正しく工事が完了し、安全な建物であるかの確認を行う大事な検査です。検査に合格すると市から検査済証が交付されます。